海鮮居酒屋「魚酒」の奮闘日記

みずほ台海鮮個室居酒屋「魚酒」では、
毎日川越市場から、その時一押しの鮮魚を全国から続々と入荷しています。
そのため、毎日違った料理を楽しめるというのも、魚酒のこだわっているポイントです。

そんな魚酒が新鮮な鮮魚を仕入れている、川越市場ってどんな場所なのか?
今回はそこをちょっとご紹介していきたいと思います。

川越市場ってどんなところ?

みずほ台海鮮個室居酒屋魚酒

川越市場は、それぞれの地域の食材を安定的に供給するために機能している場所で、魚酒が仕入れている鮮魚はもちろんですが、野菜や果物なども入荷しています。

埼玉県はもちろん、
日本全国、はたまた世界各国から食材は届いていて、運ばれてきた品物は、卸売業者が、種類ごとに分けて卸売場に並べ、新鮮さを保つために、海水に入ったまま入ってくる魚もいます!すごいですね!

みずほ台海鮮居酒屋魚酒

だから、魚酒の魚はあんなに美味しいんですね(手前味噌)

川越市場では、マグロのせり売りが午前5時30分、野菜が6時30分から始まり、このように需要と供給によって、品物の値段が変動する仕組みのことを「相対取引」といっています。

せりが終わったら、仲卸店舗へ並べられる

みずほ台海鮮個室居酒屋魚酒

そしてせりの終わった商品は各商店ごとに商品が並べられ、買いやすい量にして販売してくれるという仕組みです。勉強になりますね!

そして、業者などはここで購入した食材を元に、皆さんに料理を振る舞い皆さんにもとに料理として提供されるという仕組みです。

仕組みを知ると面白いですね!
またこのような魚酒の裏側のわかる仕組みの記事を時々上げていきます!

店舗名みずほ台海鮮個室居酒屋「魚酒」
住所〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台1丁目4−1 サニークレストみずほ台201
電話番号049-293-5286
アクセス東武東上線みずほ台駅 東口から134m
駐車場無し(近隣に一般有料駐車場有)